MENU

依頼する際のポイント

ヘッドホンと教材

専門業者と複数の比較検討

会議の議事録制作、あるいは学術目的といったテープ起こし原稿については、ただ単に文字になっていたら良いというものではないと言えます。文字へと変換されている原稿を利用しそれ以降の必要な作業を容易に進めるには、精密に仕上げたものになっていることが求められます。精密に仕上げたテープ起こしを行なって貰うには、信用できる業者を選択することが一番のキーポイントになります。こちらサイドの希望に応じてくれるか、アフターサービスは取り揃えられているかなど、それぞれの専門業者のサービスの中身並びに口コミなどを対比させ信用できる業者を選ぶと良いでしょう。 信頼に値する会社を見定めるために、まず第一にその会社そのものが専門業者であるかをチェックしましょう。テープ起こしを実施する業者には、テープ起こしが主だった業務でなくサブ業務という形で行っているケースがあります。そういうふうな業者は作業を更に別の業者へアウトソースするため、それに比例して時間及びお金が掛かります。また、融通も利かない可能性が高いことから、自身の希望と擦り合わせがうまく行かないこともあり得ます。ですから、専門会社であれば相対的に希望も通り易くて、応対についても迅速です。 加えて、納期並びに料金などのバランス状態もいくつかの会社で対比しましょう。しかしながら、コストが高いから精度が非常に高いとは決めつけられません。専門業者ではないケースでは、外注に外注が重ねられ、中間マージンのみで高い価格になることもあり得ます。

Copyright© 2018 テープ起こしは依頼しよう【専門用語も的確に文書化する必要がある】 All Rights Reserved.