MENU

料金を設定しよう

ヘッドホン

スキルごとに料金を決める

講演会や座談会といった内容を記事にするのは、たいてい出版社や新聞社です。取材をしてテープやICレコーダーに録音します。それを聞きながら文字に起こしていくのです。これをテープ起こしと言います。テープ起こししたものを冊子や雑誌に載せる記事にしていきます。このテープ起こしの仕事は取材をした人がそのまま担当することもありますが、たいていは専門業者に委託します。その方が迅速にテープ起こしをしてもらえるからです。テープ起こしの専門業者に発注すると費用が発生するものの、完璧な記事にしてもらえることもあります。スキルの高い記事なら、そのまま入稿することもできるのです。依頼するには、このようにスキルの高い業者にしましょう。スキルが高いと依頼料も高くなります。ただし、初めて依頼する場合には相手のスキルは分かりません。最初は低料金で始めることになります。そして、相手の納品物の出来具合から次回は料金を上げていくというのが主流です。そのため、やればやるほど料金が高くなることもあります。もちろん、テープの長さによっても料金は異なります。まずは料金を設定しましょう。何分テープでいくらというように決めていくのです。また、内容によっても料金設定は異なります。専門用語が出てくるような講演会だと、テープ起こしをする人も大変です。辞書とにらめっこしながら起こしていかなくてはなりません。通常のテープ起こしよりも時間がかかってしまうでしょう。このようなことを想定して料金は決められます。

Copyright© 2018 テープ起こしは依頼しよう【専門用語も的確に文書化する必要がある】 All Rights Reserved.