MENU

会議の文字化依頼の注意点

パソコン操作

時間指定と録音上に注意点

テープ起こしといいますと、会議の議事録の制作が想定できる人も多いでしょう。会議と言いますが、議会や報告会議それから、打ち合わせやミーティングなど色々なタイプがあります。 そうした会議の議事録を作り込むには、テープ起こしが必要不可欠です。地方自治体など公的機関の人は、会議の文字化を反訳と言う傾向も見られます。テープ起こしをお願いする際に注意したいのは、テープ起こしの費用の計算方法は一般的に考えて録音の時間数により利用料をはじき出すことです。会議によって、スタート時の5分は会議と繋がりのない雑談とか、録音のスタートから3分は無音とか進行中に休憩をとったとか、そういったこともあります。こういった意味のない時間も費用に加算されます。 従って、こういったときは、テープ起こしするべき時間帯を指定することが必要となります。対象の時間を限定すると、その時間帯だけが計算対象になります。 それに加えて、指定する時間は何分から何分までと細部にわたって指定した方が望ましいです。間の休憩は必要としないといった曖昧な制限ですと、作業するサイドにはどのあたりまで雑談か判定しづらいこともあります。 さらに、会議録音のテクニックとしては、ICレコーダーといった録音機器は机に対してダイレクトに置かずマイクスタンドを利用することが大事です。録音機器を机に対してダイレクトに置くと、PCのタイプ音、あるいは椅子が机に当る音等で明瞭な録音が不可能になります。

Copyright© 2018 テープ起こしは依頼しよう【専門用語も的確に文書化する必要がある】 All Rights Reserved.