MENU

文字起こしを依頼する費用

鉛筆とノート

業者により相違し確認必要

テープ起こしを専門の業者にお願いするとき、多くの場合録音時間によってコストが決まっていることが大半になります。そして、一部業者は録音時間ということではなく、テープ起こしを行った後の文字数によって費用を定めていますので注意が必要です。納期によりましても費用が変わり、音声データー数値を手渡した次の日に納品するような急ぎのケースでは、数千円ほどの特急料金が加わる業者が一般的です。 ほかにも、意味のないような語句を省くなど、仕上げ方によりましても費用は異なります。 音声データー数値を手渡してから納品に至るまでの期間の長さは業者により違いがありますが、1時間の音声データー数値のテープ起こしならば、通常の場合2〜3営業日ほどに定められています。非常に多くの業者では、割り増し料金を支払うことにより納期を短縮可能です。 どの位料金がアップするかは業者により多種多様ですが、納期を1日短くすると3割くらい高額になると捉えれば良いでしょう。 次の営業日に納品してほしいという短納期の場合、2倍くらいの料金になる場合が多いといえます。反対に普通の2倍くらいの時間を費やしてもいいという場合、3割くらい割安にしてくれる業者も見受けられます。それに加えて音声データー数値が医学に関係した学会といった専門内容になっているケースや、英語のテープ起こしのケースでは、専門知識を持つライターが処理を施す必要があることから、コストが高くなることがあります。重要なことは前もって業者に料金の確認をきちんと行うことです。

Copyright© 2018 テープ起こしは依頼しよう【専門用語も的確に文書化する必要がある】 All Rights Reserved.