MENU

パソコン操作

会議の文字化依頼の注意点

テープ起こしを注文する場合には、依頼者サイドが考慮すべき注意すべき点があります。会議のテープ起こし依頼に際し、時間指定によるオーダーなど質の高い原稿を円滑に納品してもらう為の留意すべき点を理解することが重要になります。

昔からある仕事

キーボード

録音内容を音声化する

現在でのビジネス環境では、様々な新技術や新しい考え方のビジネスが常に登場していますが、昔からずっと存在している仕事もあります。ここではその中の一つである、テープ起こしという仕事について、その基本的な内容と現在での仕事の方法を記していきます。テープ起こしとは会議や講義などにおいて、参加者が話した内容を録音しておき、それを別途文章にしていくという仕事です。元々音声での録音は、配布方法に難しい物があったために、文字に起こすことで、配布しやすくするというのが、テープ起こしのメリットです。当初は録音装置がテープであったために、この言葉が使われていますが、最近はパソコンなどを使って文書化するのが一般的です。テープ起こしをする際には、その業界などでの専門用語も的確に文書化する必要があるので、作業前には専門用語を確認するのも、重要な前準備になります。現在でのテープ起こしについては、録音内容を自動的に文書化するアプリなどが登場しており、それを利用することで、文字化する時間を短縮できます。あとはこの文字化された文書を、人の力で読みやすいように加工したり、文字化できなかった部分を補完するようにします。またテープ起こしは会議などが行われてから、早めに文書化したほうが良いことも多いので、専門の業者を使って、集中的に実施することで、短縮化するケースもあります。このように昔からある仕事として、テープ起こしはIT化が進んだ現在でも、重要な仕事として一般に実施されているのです。また、最近では、録音された言葉を文章として書き起こすテープ起こしだけでなく、用意した原稿のナレーションを読んで録音してくれる業者もあります。このような会社は動画制作をする場合に役立っています。利用目的に応じて業務サポートをしてくれる業者に依頼しましょう。

ヘッドホンと教材

依頼する際のポイント

テープ起こしを業者にお願いするときに原稿精度を高くすることを重視する必要があります。信頼に値する会社を見極めるために、まず第一に専門業者であるかを把握が求められます。また、納期並びに料金などのバランス状態も複数の会社で比較しましょう

鉛筆とノート

文字起こしを依頼する費用

テープ起こしを依頼する方にとって、費用がどれくらいかかるかは気になるところです。録音時間か文字数かの計算方法が業者により違いがあります。また、急ぐ場合や専門知識が必要な場合などもコストの違いがありますので、あらかじめ確かめておくことが重要です。

ヘッドホン

料金を設定しよう

講演会や座談会の内容はテープに録音し、後でテープ起こしをすることが一般的です。この作業は専門業者に依頼することが多くなっています。料金を設定しましょう。テープの長さや内容の難易度で決められますが、テープ起こし者のスキルで決められることもあります。

男性

実績を調べる

テープ起こしはただ文章に起こせばいいだけではありません。文章構成能力も問われます。そこで、業者に依頼するのなら、実績をきちんと確認してからにしましょう。試しに数分のテープを起こしてもらうのもおすすめです。

Copyright© 2018 テープ起こしは依頼しよう【専門用語も的確に文書化する必要がある】 All Rights Reserved.